妊活ママ必読!赤ちゃんを授かるためにしたいこと

 

photo_maternitynurse

 

結婚してそろそろ3年。

 

そろそろ赤ちゃんがほしいな、と思ったらどうしたらよいでしょうか。

 

1、避妊を終えて、妊娠のチャンスを。30代以降の方はお早めに。

 

point_01

今まで、仕事中心で妊娠をさけていた、というご夫婦であれば、

まず避妊を終えましょう。

 

そうすることで、はじめて妊娠のチャンス、

赤ちゃんを授かる可能性が生まれます。

 

女性の場合、一生のうちに妊娠できるチャンスは回数として決まっています。

 

1か月に1回、1年に12回、閉経までにあと何回…?

 

そう考えると、妊娠を希望された段階で、

すぐに準備を始めることをおススメします。

 

気を付けて!年齢でことなる「妊娠しやすさ」。対策はお早めに!

 

1688x1125xsmile-kangoshi.jpg.pagespeed.ic.j8GyTn0k37

また、閉経までの排卵回数だけでなく、

女性は年齢によって妊娠しやすさが異なります。

 

20代に比べ、30代以降は妊娠する力が落ちてくるので、

妊娠を希望した段階で、早めに妊娠準備を始めましょう!

 

2、ママの健康あってこそのおめでた。体調は万全ですか?

 

kangoshi16

何よりママの健康が大切です。

 

ママ本人の体力や健康状態に問題があると、

自分の命を維持することで精いっぱいで、妊娠しにくくなってしまいます。

 

仕事が忙しすぎる、生活が不規則、

あまりにストレスの多い生活をしている…。

 

そういった方は、まず生活を見直しましょう。

 

ご自身が充分栄養をとり、健康な体でいてこそ、妊娠力がアップします。

 

3、妊娠を考えたら、まずは基礎体温を測って!

 

p1-3_2

 

妊娠を望む方、まずは基礎体を付けましょう!

 

成人女性は、生理、排卵といった月経サイクルが体温にあらわれます。

 

基礎体温を測ることで、排卵日(=妊娠に適したタイミング)を

知ることができます。

 

また、基礎体温をとっていないと、不妊を疑って診療科を受診しても

ドクターが正しい診察を行うことができないのです。

 

基礎体温は最低3カ月、できれば半年とってこそ、

データとして参考になります。

 

とりあえず、明日から基礎体温を測りましょう。

 

4、半年間様子見。自分の体と向き合うことでおめでたのチャンスが!

 

point_01

 

基礎体温を付けると、いつが排卵日なのかわかります。

 

必然的に、妊娠可能がタイミングが分かりますので、妊娠しやすくなります。

 

とはいえ、排卵日であれば必ず妊娠するわけではありません。

 

そこが生命の不思議なところ。

 

基礎体温を付け、妊娠タイミングを図りながら、半年間様子を見ましょう。

 

排卵日を把握しているのに妊娠しなった、といって

2か月もたたないうちに産婦人科のドクターに相談したとしても、

「しばらく様子を見ましょう」と言われるのがオチです…。

 

5、まだ妊娠しない…?産婦人科の先生に相談を

 

kangoshi16

 

基礎体温を測り、排卵日に合わせて妊娠を狙っていっても、

妊娠しない…。

 

半年ほどたって、基礎体温のデータがそろってきたら、

産婦人科のドクターに相談をしてみましょう。

 

この時点で、身体に問題があるのでは、と悩む必要はありません。

 

妊娠は工夫次第で、すんなりいくもの。

 

ドクターや看護師さんのアドバイスを受けましょう。

 

1421876680_grace-gerber-baby-zoom

 

赤ちゃんがほしい、と思い始めてから妊娠するまでは、

気の遠くなるような不安おに襲われるもの。

 

しかし焦りやストレスは逆効果です。

 

夫婦二人で楽しみながら、ご自身の体調を整えておくのが

一番のべビ待ちライフです。

 

 

べビ待ちママの味方!妊娠力アップのサプリメントは⇒こちら

妊娠したら、一番初めに取り組むのは●●だった!

 

 

How-Wear-Maternity-Clothes-After-Baby

待ちに待ったおめでた。

 

妊娠がわかったら、すぐに赤ちゃんを迎える準備を始めましょう。

 

 

まず取り組むべきは食事の改善!意識してとる栄養素があった!

 

140299731[1]

おめでたがわかったら、まず食事を見直しましょう。

 

今までは、旦那さんと二人で気ままに好きな時に好きなものを

食べていたかもしれません。

 

でもこれからは小さな命と3人の食事です。

 

赤ちゃんの喜ぶ食事を意識していきましょう。

 

妊娠初期からとりたい葉酸を食卓で摂取するコツは?

 

Liver Green Bean Stir Fry

 

赤ちゃんの成長と、お母さんの健康に大きく関わるのが「葉酸」。

 

レバーひじきにたくさん含まれています。

 

これらの食材を意識してメニューに取り入れるだけで、

葉酸の摂取量は増やすことができます。

 

食事だけでは不十分?ベビーの生育に充分な葉酸を摂取する方法は?

 

yjimage.

しかし、今までと同じ一人だけの身体ではないのが

妊娠中のままの身体。

 

お腹のなかの赤ちゃんが健康に大きくなれるよう、

二人分の栄養を取る必要があります。

 

これは、当然葉酸の摂取量についても同じ。

 

通常の食事だけでは、赤ちゃんと、赤ちゃんを守るママの

二人分の栄養を取るのは少し難しいのです。

 

そんな時有効なのが、サプリメントの利用です。

 

妊娠中の葉酸サプリメント摂取が推奨されるには理由があった!

 

w_1

妊娠中は、それまで以上に十分な栄養を取る必要があります。

 

しかし、必要量の栄養素を食事だけでとるのはとても難しいもの。

 

妊娠中は、ただでさえ、つわりや体調不良を原因とした

食欲低下が懸念されます。

 

妊娠中だからこそ、サプリメントを利用した方がいい?

 

Picture1

 

妊娠中は、食欲はあっても、食べ物の好みが変わったり、

バランスの良い食生活が難しくなる傾向があります。

 

赤ちゃんが大きくなってくると、

胃袋が圧迫されるので、空腹であっても量を食べられず、

しかしお腹はすぐすいてしまう…。

 

妊娠中の食事管理は大変難しく、

必要な栄養素をすべて食事だけでとるのは大変難しいのです。

 

妊娠中の食事はストイックになりすぎず、●●利用でリラックスして!

 

w_2

初めて妊娠したママの中には、人工物に対する不信感のあまり、

すべての栄養素を食事からとろうとして、神経質になってしまう人がいます。

 

しかし、これは逆効果。

 

ストレスや、生活のなかでの食事準備が

ママの負担になる可能性があります。

 

高品質なサプリメントは、食べ物から抽出した栄養素を

ギュッと凝縮したもの。

 

お薬ではありませんので、副作用もありません。

 

十分な栄養こそが、楽しいマタニティライフの基本!

 

point_01

 

手作りの食事しか食べない、などこだわりすぎると、

10か月にもわたるマタニティライフがつらくなってしまいます。

 

もちろん手作りの食事は大切で心温まるよいものなので、

それにプラスアルファが必要な栄養素については

サプリメントのサポートを借りましょう!

 

 

普段の食事にプラスして!おススメ葉酸サプリは⇒こちら

 

妊活をはじめたらまず!葉酸がママに必要な理由は?

1421876680_grace-gerber-baby-zoom

 

赤ちゃんほしいなぁ…と思って自然と授かることができれば一番ですよね。

 

でもなかなか機会に恵まれない方もいると思います。

 

そんな時、まずは自分の体から見直してみましょう。

 

妊娠するための体づくり、してますか??

 

妊娠準備! 大切にしたいママの体、4つのポイントは?

 

point_01

 

ママの体の準備ができていないと、赤ちゃんを授かるチャンスが減ってしまいます。

 

初めにママの体を振り返ってみましょう!

 

大敵!妊娠の敵!妊活中は●●に注意

 

bikkuri_01

女性の体は冷えやすいもの。

 

冷え性の方って多いと思います。

 

この「冷え」は本当に女性にとって大敵!!

 

体が冷えると、血行不良になります。

 

そうなれば、内臓に十分な酸素や栄養を行きわたらせることが出来ません。

 

妊活中から注意したい「冷え」。なぜ妊娠を遠ざける?

 

cold01

 

冷えは、もちろん、赤ちゃんを育ててくれる子宮にも影響が出てきます。

 

子宮が冷えると、女性ホルモンのバランスが悪くなり、

卵子の発育不良、老化や排卵障害などに繋がります。

 

そうして知らず知らずのうちに、妊娠しづらい体になってしまうのです。

 

「冷え取り生活」をめざして!取り組み方は?

 

yjimage.

 

そんな問題の「冷え」を取るためには、お風呂に入って体を温めるだけでなく、

腹巻きや靴下を身に着けることがおすすめです。

 

腹巻きで直接下腹部を温めたり、靴下で末端を温めると、

体内を循環する血液も自然と温かくなって血流がよくなります。

 

「腹巻きは苦しそう」という人には、薄手のものを使ってみましょう。

 

冷えの改善には●●素材の下着がおススメ!

 

warm-mug

 

シルク製だと、薄いのに、しっかり体を温めてくれます。

 

また、シルクの場合は汗をかいても、しっかりと吸湿した上で発散してくれるので、

夏でもさらさらした着心地です。薄くて軽いので、着膨れすることもありません。

 

靴下も、「冷え取り靴下」と書かれているものや、重ねばき用の靴下を使ってみましょう。

 

こちらもシルクのものは、夏でも涼しく履くことができますよ。

 

w_2

 

最初は慣れないかもしれませんが、逆に一度慣れてしまえば、

つけていないとスースーして落ち着かなくなってきます。

 

そうなれば、「冷え」も撃退できるはず☆

 

体作りは食事から。妊娠前後の食生活のポイントは?

 

201603-lunch-999

 

妊娠のためには、もちろん栄養も大事。

 

バランスのよい食生活はもちろんですが、

妊娠中は貧血になりやすいので、鉄分は特に大事です。

 

また、妊娠中は鉄分の不足だけで貧血が起こる可能性があるわけではありません。

 

おなかの中の赤ちゃんに栄養をあげるため、

普段より血液の濃度が薄まってしまい、貧血になることもあります。

 

それを防ぐために必要な栄養は、血液生成をしてくれる葉酸です。

 

妊活中、妊娠期にとりたい食品は?鉄分や葉酸の豊富な●●

 

Liver Green Bean Stir Fry

 

鉄分も葉酸も、レバーひじきによく含まれています。

 

昔から貧血防止でよく言われてる食材ですね。

 

そのほかにも、鉄分は貝類にも豊富ですし、

葉酸は緑黄色野菜や豆類にもたくさん含まれています。

 

これらの食材を取り入れて、普段からバランスのよい食事を心がけましょう。

 

楽しいベビ待ち、マタニティライフのポイントは?

 

photo_maternitynurse

そうはいっても、なかなか毎日の食事で栄養を意識するのって大変ですよね。

 

そんな時は、サプリメントに頼ってもいいと思います。

 

サプリメントであれば、粒タイプやカプセルタイプなどで手軽に飲みやすいものが多いですし、

一日に必要な量を簡単に摂ることが出来ます。

 

冷え取りも、食事も、まずは続けることが大事です。

 

自分に合った方法で、体づくりを始めましょう☆

 

妊活、妊娠期に最適なおススメサプリメントは⇒こちら