【購入前必読】葉酸サプリの副作用の真実大公開!

photo_maternitynurse

 

34歳で結婚し、40歳で2人目の子供をもうけた東尾理子さんの存在は、

妊娠を願う女性に希望を与えます。

 

年齢を重ね、若い時より妊娠力が落ちてしまった女性が

妊娠するためには、少しだけ工夫が必要です。

 

30歳を過ぎたら!高齢妊娠、出産の強い味方は●●

 

134935994

 

20代にくらべ、妊娠力の落ちる30~40代以降の女性が妊娠するためには、

身体を妊娠しやすく整えておくのがポイントです。

 

そのためには、何より妊娠を願う女性自身が心身ともに健康であること。

 

体調を整えることが、赤ちゃんを迎える一番大切な準備です。

 

そのために大切なのが葉酸の摂取。

 

葉酸は、貧血に陥りやすい女性の健康を助けます。

 

自分自身の体調が整うことで、妊娠しやすくなるのです。

 

 

べビ待ちママに必須の葉酸は●●で摂取!

 

How-Wear-Maternity-Clothes-After-Baby

 

妊活中のお母さんに大切な栄養素である葉酸ですが、

必要量を食事だけで補うのは難しいもの。

 

もちろん、日常生活を問題なく送るだけなら、

バランスのよい食事を続けていれば十分です。

 

しかし、妊活中のお母さんたちは、

まだ見ぬもうひとりの命を預かっているのです。

 

万全の準備で赤ちゃんを迎えるには葉酸のサポートが安心?

 

yjimage.

いずれ授かる赤ちゃんを健康に迎えるために、

通常の食事にプラスして、いつも以上に意識して

葉酸を摂取することが望ましいのです。

 

そんなとき、役に立つのがサプリメント

 

サプリメントは、必要な栄養素がギュッと凝縮されているため、

効率的に十分な量の葉酸を摂取できます。

 

 

葉酸サプリメントに赤ちゃんへの副作用が?

 

bikkuri_01

 

サプリメントは、食材そのものではないことから、

副作用を心配する声がたくさん聴かれます。

 

しかし、安心してください!

 

高品質のサプリメントであれば、栄養素を抽出、凝縮させているので、

そのままの食材以上に安全です。

 

サプリメントが安心な理由と、食生活が必ずしも安全でない理由。

 

human-skull-with-crossed-bones-silhouette_318-46669

 

考えてみてください。

 

スーパーで売られている多くの野菜やお肉、魚…。

 

どこで作っているのか。

 

農薬や放射能は心配ないのか。

 

食品の表示に偽装はないのか。

 

食物をそのまま食べると、残存農薬が体内に入るリスクがありますが、

サプリメントは、栄養素を抽出して作られているため、そのリスクがありません。

 

むしろ安全な栄養摂取の方法なのです。

 

1421876680_grace-gerber-baby-zoom

 

大切な赤ちゃんの命をはぐくむ葉酸。

 

副作用の心配はありませんので、まだ飲んでいない人は、

今からでも摂取してくださいね。

 

 

天然素材で赤ちゃんとママの健康に最適な葉酸サプリは⇒こちら

 

健康

恐ろしい葉酸欠乏症!回避するマタニティライフのポイント

 

bikkuri_01

妊娠中に必要な栄養素である葉酸。

 

この葉酸が不足すると、葉酸欠乏症をもたらします。

 

必読!葉酸欠乏症にはこんなリスクが…!

 

iStock_000017710957Medium

 

葉酸は、ビタミンB群の中のひとつです。

 

緑黄色野菜や、豆類、レバーや貝類などによく含まれていて、

赤血球の生成や代謝を助ける「血をつくるビタミン」とも言われています。

 

普段の生活はもちろん、妊活から妊娠中、授乳期まで、女性にとっては大切な存在。

 

そんな葉酸が不足すると、「葉酸欠乏症」という病気になってしまいます。

 

防ぐためにはどうしたらよいか、調べてみました。

 

葉酸欠乏症が原因で起こる病気は?

 

yjimage.

葉酸欠乏症、と聞いても具体的にどんな症状が出るのか、想像もつきませんよね。

 

分かりやすい例でいうと、『貧血』がそれに当たります。

 

葉酸欠乏症から起こる貧血は、

鉄分が足りないから起こる貧血とはちょっと違います。

 

普通の貧血じゃない!妊娠中の葉酸欠乏が導く恐ろしい貧血とは?

 

best-worst-sick-foods-400x400

 

通常、葉酸は赤血球を作ってくれているのですが、

葉酸が不足すると、当然その数は減ります。

 

すると、数が少なくなった赤血球は、

自分たちが不足している分を補おうと大きくなります。

 

でも、大きくなると今度は体内に酸素を十分に運ぶことが出来なくなってしまい、

結果的に私たちの体は、酸素が十分に行きわたらない状態になります。

 

恐ろしい悪性貧血…。その原因の●●不足に気を付けて!

 

cold01

 

体内の酸素が足りなくなると、

めまいや立ちくらみ、動機や息切れといった症状が現れ、

貧血の中でも『悪性貧血』という貧血になってしまいます。

 

つまり、葉酸が不足し、赤血球が減少、体内の酸素が不足し、

悪性貧血へとつながります。

 

今すぐ摂りたい、妊婦に嬉しい葉酸のおどろくべきパワーは?

 

w_1

葉酸の働きは、それ以外にも私たちの体の粘膜を正常に保つ、

といった役割も果たしています。

 

だから、葉酸が足りなくなると、粘膜が弱り、

例えば口内炎や胃潰瘍などに繋がってしまうのです。

 

口内炎やお肌の調子を整えるためにも、

積極的に葉酸を摂取しましょう。

 

妊娠中の注意!その口内炎、立ちくらみは葉酸不足が原因かも?

 

point_01

ちょっと立ちくらみがしたり、口内炎が出来たりということは、日常の中でもあることです。

 

だから、深く考えず、そのまま過ごしてしまう人が多いと思います。

 

でも、妊娠中は特に、葉酸不足には気を付けなければなりません。

 

流産などの危険性も生まれるからです。

 

ママの栄養は赤ちゃんの健康。だからこそ大切にしたい葉酸摂取。

 

photo_maternitynurse

 

また、妊娠中は、お母さんの栄養は、赤ちゃんの栄養でもあります。

 

葉酸は、赤ちゃんが正常に成長できるよう助ける役目も持っています。

 

だから、しっかりと葉酸がとれていれば、ダウン症など、

赤ちゃんの先天的なリスクを減らせると言われています。

 

健康なマタニティライフのための一日の葉酸摂取量は?

 

1421876680_grace-gerber-baby-zoom

妊娠中、一日の葉酸摂取目安量は400㎍と言われています。

 

例えばブロッコリーに含まれる葉酸は、一房で約105㎍。

 

加熱するとその量は減りますから、毎日きちんと摂取しようと思うと結構大変です。

 

そんな時は、サプリメントに頼りましょう。

 

例えば、「美的ヌーボプレミアム」なら、

一日の目安5粒に400㎍の葉酸が含まれています。

 

他にもビタミンやミネラルなど、必要な栄養素がギュッと詰まっています。

 

つわりなど、食事がとりづらいときでも、サプリメントなら大丈夫。

 

これから妊娠を望む女性にも、普段の生活に取り入れやすいサプリメントはおすすめです。

 

天然素材で安心の葉酸サプリメントは⇒こちら

健康

妊活、妊娠中に欠かせない「葉酸」とは??

 

photo_maternitynurse

最近、妊娠を望む女性にとって必要な栄養という中で、

よく耳にする「葉酸」。

 

なんとなく、「いいものなんだろうな」というイメージはあっても、

実際どういった面で必要なのか。

 

私も妊活をしている最中なので、ちょっと調べてみることにしました。

 

葉酸って何?妊娠中にどんな働きをするの?

 

How-Wear-Maternity-Clothes-After-Baby

 

葉酸とは、ビタミンB群の中の水溶性ビタミンのひとつです。

 

たとえば、ホウレンソウなどの緑黄色野菜やレバー、豆類などに含まれていて、

「細胞分裂に必要な栄養素」、と言われています。

 

別名、「血をつくるビタミン」なんて言われたりしているそうです。

 

女性にとっては、なんだか心強い響きですね!

 

注意!葉酸不足が妊娠中にもたらす影響は?

 

iStock_000017710957Medium

これが不足すると、貧血などの原因になる、ということからも、

確かに妊娠には必要不可欠な栄養素だな、と思いますね。

 

この葉酸を摂取していると、

赤ちゃんの先天的リスクを減らしてくれたり、栄養不足を防いでくれるだけでなく、

お母さんの貧血も防いでくれる、両方を守るために必要不可欠な存在なのです。

 

普段から意識して葉酸の摂取をしなければならない理由。

 

w_1

葉酸はもちろん、普段の生活でも必要ですが、女性にとっては特に、

妊娠初期から授乳期までは特に欠かせない養分になります。

 

でもだからといって、「妊娠した!」と分かってから葉酸を摂取するのでは遅いんです!

 

実は、妊娠検査薬でもわからない「妊娠超初期」と呼ばれる0~4週の間にも、

葉酸は効果を発揮してくれるんです。

 

妊活中から葉酸を摂取することが赤ちゃんのプラスになる?

 

1421876680_grace-gerber-baby-zoom

 

生まれてくる赤ちゃんが

遺伝子や染色体に異常をもつ先天性の疾病をもっている確率は約2~5%。

 

葉酸をきちんと摂取していることで、

このリスクはかなり減らせることが分かっています。

 

葉酸が、細胞をつくるという働きが影響していると考えられます。

 

だから、妊娠が分かってからはもちろん、

今妊娠をのぞんでいる女性にとっては、本当に大切な栄養です。

 

普段から意識して摂取するように心がけたいですね。

 

こうすれば簡単!手軽に葉酸を摂る方法

 

yjimage.

 

でも実際、一日にどのくらい葉酸を摂取すればいいのでしょうか。

 

厚労省の指針では、妊娠を計画している場合、

よりリスクを軽減させるために妊娠の1か月以上前から妊娠3か月までの間、

一日400㎍の摂取が望ましい、とされています。

 

例えば、ほうれんそう200gに、約210㎍の葉酸が含まれています。

 

でも、葉酸は水溶性なので、加熱するとその成分は半分ほどに減ってしまうのです。

 

だから、実際400㎍をとろうと思うと結構大変。

 

そんな時、お勧めなのがサプリメントタイプの葉酸です。

 

これなら手軽に、必要な量を毎日摂取できます。

 

人気の美的ヌーボプレミアムが妊婦さんに効果的なのはなぜ?

 

point_01

 

葉酸サプリはたくさんありますが、

私がおすすめしたいのは「美的ヌーボプレミアム」です。

 

このサプリメントには、葉酸の他に、ビタミン、ミネラルや、DHA、EPAと

普段の生活ではなかなか摂りづらい栄養がギュッと詰まっているんです。

 

さらに、天然素材100%!

 

だから普段の食事と変わらない状態で栄養を摂取できるんです。

 

毎日の食事で葉酸を意識して献立を考えるのは、

働きながらだとなかなか難しいですよね。

 

サプリメントを上手に利用して、

少しでも心配のない妊活を頑張りたいところです。

 

赤ちゃんにも安心の天然素材。葉酸サプリは⇒こちら

 

 

健康

マタニティライフ注意点!貧血について知っておくべきこと

 

iStock_000017710957Medium

 

妊娠中は貧血に注意が必要です。

 

健康に赤ちゃんを迎えるため、妊娠中に陥りやすい貧血の対策について

確認をしましょう!

 

必須知識!妊婦の貧血を予防する食べ物は?

 

Liver Green Bean Stir Fry

 

貧血予防に効果的な食材は、レバーや牛肉、いわしなどがあります。

 

想像するだけでも、スタミナがついて元気になりそうな食材ですね!

 

他にも、妊娠中はいつも食べられるものが食べられなかったりするので、

いわしやあさり、卵黄などもおすすめです。

 

妊娠期の貧血予防に効果的な鉄分。吸収率アップの秘訣は?

 

point_01

また、鉄分豊富とよく聞くホウレンソウなどの緑黄色野菜、

納豆などの豆類、ひじきなどは、そのままだと鉄分の吸収はしづらい食材です。

 

これらは、レモンや果汁ジュースと一緒に摂るようにしましょう。

 

そうすればスムーズに、鉄分を体が吸収してくれます。

 

さらに、これらには「血をつくるビタミン」でもある葉酸が含まれています。

 

葉酸は、赤ちゃんの先天的リスクを減らしてくれる働きもあるので、

特に摂りたい栄養です!!

 

万全の対策でマタニティライフを!効果的なのは●●摂取

 

yjimage.

貧血になると、症状によってはお薬を処方されることもあります。

 

でも、即効性のあるものではありません。

 

加えて、妊娠中のお薬は、副作用が気になるところ…。

 

やはり、普段からの食事が大切になります。

 

とはいえ、意識して食べていても、

お母さんと赤ちゃんと二人分の栄養を毎日しっかり摂取するとなるとかなり大変です。

 

そんな時は、サプリメントに頼りましょう!!

 

初めての妊娠。不安だからこそ頼りになるのは?

 

w_2

体調が悪くて食べられない時も、

サプリメントなら手軽に栄養を補助することが出来ます。

 

例えば、東尾理子さんも飲用していたと話題の「美的ヌーボプレミアム」なら、

必要なビタミン、ミネラルに加えて、鉄分、葉酸やDHA、EPAまで入っています。

 

妊娠中期以降の女性が一日に必要な鉄分は約10~20mg、

葉酸は400㎍と言われています。

 

美的ヌーボプレミアムでは、一日分目安5粒でこの条件をクリアでき、

安心してマタニティライフの食生活をサポートできます。

 

サプリメントなので、妊娠中だけでなく、

これから妊娠を望んでいる人にもおすすめ。

 

お母さんの体を赤ちゃんの過ごしやすい状態にして、

おめでたに備えましょう!!

 

軽く見ないで!妊娠中の貧血

 

cold01

「貧血くらいどうってことないわ」

と思っていましたが、妊娠中の貧血は、

赤ちゃんにも影響があるということを考えないといけません。

 

大丈夫、という無理は禁物です。

 

まずは自分の体から元気にして、赤ちゃんにもいっぱい栄養をあげたいですね

 

妊娠中の健康を万全の栄養素でサポートするサプリメントは⇒こちら

健康

気を付けたい妊娠中の健康!貧血対策は大丈夫?

 

iStock_000017710957Medium

 

貧血というと、か細い女の子がイメージされますが、

妊娠中に貧血になる人は日本人の約3~4割。

 

結構多いんです。

 

普段の食生活をきちんとしていても、赤ちゃんがおなかの中にいる間は、

いつもとは違う状態。

 

より、自分の体を大切にする必要があるのです。

 

妊娠中に貧血になりやすいのは理由があった!それはなぜ?

 

yjimage.

妊娠中になる貧血は、「鉄欠乏性貧血」という種類のものが多いです。

 

これは、「血液が少なくて」貧血になるのではなく、「血液が薄まって」起こります。

 

血液が薄まるというのは、

普段お母さんが摂取している栄養を赤ちゃんに与えているため、

お母さんが受け取る栄養が少なくなっている状態を言います。

 

今すぐチェック!その症状、妊娠期の貧血に今すぐとれる対策は?

 

point_01

・疲れやすい

・めまい

・動悸

・息切れ

・頭痛

 

など、体調の変化を感じたら、貧血を疑いましょう。

 

妊娠中。食事ができても貧血に注意しなければいけない理由は?

 

How-Wear-Maternity-Clothes-After-Baby

貧血は、妊娠中ずっと起こり得るものです。

 

妊娠初期は、つわりなどもあって症状を辛く感じる人も、

中期くらいになると「つわりの頃よりマシ」と感じてそのまま生活してしまう人もいます。

 

でも、妊娠中期からは、赤ちゃんもさらに大きく成長するために、栄養がたくさん必要。

 

その分、お母さんに行きわたる栄養は少なくなってしまうので、

血液も薄まった状態になります。

 

つわりが治まっても、貧血が起こりやすい状態には変わりありません。

 

妊娠中のかくれ貧血。あなたは大丈夫?

 

bikkuri_01

もし、貧血をほっておいて、ある日ふらっと感じて転倒などしてしまうと、

赤ちゃんはもちろん、お母さん自身にも命の危険があります。

 

「これくらい大丈夫」と思わず、

しんどいと思ったらすぐに病院にかかることをおすすめします。

 

妊娠中は油断禁物!葉酸はサプリメント摂取。おススメは⇒こちら

 

健康