かゆみが出たら手遅れ!?今から間に合う妊娠線予防ケア公開

1421876680_grace-gerber-baby-zoom

 

 

妊娠五か月ごろになると、

どんどんお腹が大きくなってきます。

 

そうすると、気になるのが妊娠線。

 

ただでさえお腹が下着にすれて

パツパツする…。

 

毎日大きくなってくるお腹がなんだか不安。

 

でも大丈夫です!

 

妊娠線は、きちんとケアすれば

予防することができます。

 

では、どのように予防したら

妊娠線を防ぐことができるのでしょうか。

 

お風呂でしっかりあったまろう!血行促進して妊娠線予防

point_01

妊娠線予防のためには、シャワーではなく

しっかり湯船につかりましょう。

 

その理由は、お湯につかって温まることで

血行が良くなり、お肌にもたくさんの潤いを

与えられるから。

 

血行が良くなると、肌が柔らかくなります。

 

妊娠線の予防には、よく保湿された

柔らかい肌を保つことが大切。

 

そのためには、入浴時にお風呂につかることが

とても効果的。

 

今まで湯船につかる習慣がなかった場合は、

この機会にお風呂に入るようにしましょう。

 

血行が促進され、よくあたたまることは

お腹の赤ちゃんにも良い影響をあたえます。

 

保湿が大切!?妊娠線予防のためには朝昼晩とまめなケアを

yjimage.

妊娠線予防には、保湿が大切です。

 

お腹やおしり、乳房のわきなど、

どんどん大きくなってくる場所を集中的に

しっかり保湿を行いましょう。

 

保湿のためには、オイルやクリームなどを

塗ることが大切です。

 

しかし、妊娠中期にもなると、

おなかはどんどん大きくなってきます。

 

そのため、一日一回だけの保湿ケアでは

十分とは言えません。

 

一日二回、できれば三回のケアで

お肌を保湿することがおススメです。

 

お風呂から出た時に塗るのはもちろんのこと、

朝出かける前と、日中に一回、

しっかりと保湿を行う。

 

こうしたちょっとしたことで

妊娠線の発生は防ぐことができます。

 

妊娠線予防には専用クリームが一番効果的なのか?

How-Wear-Maternity-Clothes-After-Baby

妊娠線の予防には、保湿が大切なことは

よくわかっていただけたかと思います。

 

では、そのためには、どのような

ケア商品を使ったらよいでしょうか。

 

妊娠線ケアに一番効果が高いのは、

なんといっても、妊娠線ケア専用の商品。

 

中でも、実際に効果が高かったと人気なのは、

ベルタのマザークリームです。

 

妊娠線ケアクリームは、

様々な商品があります。

 

しかし、中でもベルタのマザークリームが

人気なのには、理由があります。

 

それは、ダントツ高い保湿力。

 

それだけでなく、ダントツの保湿力を誇る

シラノール誘導体。

 

肌の再生を促すコエンザイムQ10。

 

そして、妊娠中に必須の栄養素、

葉酸がたっぷり含まれています。

 

妊娠線の予防には、しっかりとした保湿だけでは

不十分です。

 

どんどん大きくなるお腹の皮膚が

伸びていくのに合わせ、どんどん新しい皮膚が

作られるのをサポートしなければなりません。

 

できてしまってから後悔しないように

妊娠線は、できる前からしっかり予防しましょう。

 

コメントを残す