気を付けたい妊娠中の健康!貧血対策は大丈夫?

 

iStock_000017710957Medium

 

貧血というと、か細い女の子がイメージされますが、

妊娠中に貧血になる人は日本人の約3~4割。

 

結構多いんです。

 

普段の食生活をきちんとしていても、赤ちゃんがおなかの中にいる間は、

いつもとは違う状態。

 

より、自分の体を大切にする必要があるのです。

 

妊娠中に貧血になりやすいのは理由があった!それはなぜ?

 

yjimage.

妊娠中になる貧血は、「鉄欠乏性貧血」という種類のものが多いです。

 

これは、「血液が少なくて」貧血になるのではなく、「血液が薄まって」起こります。

 

血液が薄まるというのは、

普段お母さんが摂取している栄養を赤ちゃんに与えているため、

お母さんが受け取る栄養が少なくなっている状態を言います。

 

今すぐチェック!その症状、妊娠期の貧血に今すぐとれる対策は?

 

point_01

・疲れやすい

・めまい

・動悸

・息切れ

・頭痛

 

など、体調の変化を感じたら、貧血を疑いましょう。

 

妊娠中。食事ができても貧血に注意しなければいけない理由は?

 

How-Wear-Maternity-Clothes-After-Baby

貧血は、妊娠中ずっと起こり得るものです。

 

妊娠初期は、つわりなどもあって症状を辛く感じる人も、

中期くらいになると「つわりの頃よりマシ」と感じてそのまま生活してしまう人もいます。

 

でも、妊娠中期からは、赤ちゃんもさらに大きく成長するために、栄養がたくさん必要。

 

その分、お母さんに行きわたる栄養は少なくなってしまうので、

血液も薄まった状態になります。

 

つわりが治まっても、貧血が起こりやすい状態には変わりありません。

 

妊娠中のかくれ貧血。あなたは大丈夫?

 

bikkuri_01

もし、貧血をほっておいて、ある日ふらっと感じて転倒などしてしまうと、

赤ちゃんはもちろん、お母さん自身にも命の危険があります。

 

「これくらい大丈夫」と思わず、

しんどいと思ったらすぐに病院にかかることをおすすめします。

 

妊娠中は油断禁物!葉酸はサプリメント摂取。おススメは⇒こちら

 

コメントを残す