妊活、妊娠中に欠かせない「葉酸」とは??

 

photo_maternitynurse

最近、妊娠を望む女性にとって必要な栄養という中で、

よく耳にする「葉酸」。

 

なんとなく、「いいものなんだろうな」というイメージはあっても、

実際どういった面で必要なのか。

 

私も妊活をしている最中なので、ちょっと調べてみることにしました。

 

葉酸って何?妊娠中にどんな働きをするの?

 

How-Wear-Maternity-Clothes-After-Baby

 

葉酸とは、ビタミンB群の中の水溶性ビタミンのひとつです。

 

たとえば、ホウレンソウなどの緑黄色野菜やレバー、豆類などに含まれていて、

「細胞分裂に必要な栄養素」、と言われています。

 

別名、「血をつくるビタミン」なんて言われたりしているそうです。

 

女性にとっては、なんだか心強い響きですね!

 

注意!葉酸不足が妊娠中にもたらす影響は?

 

iStock_000017710957Medium

これが不足すると、貧血などの原因になる、ということからも、

確かに妊娠には必要不可欠な栄養素だな、と思いますね。

 

この葉酸を摂取していると、

赤ちゃんの先天的リスクを減らしてくれたり、栄養不足を防いでくれるだけでなく、

お母さんの貧血も防いでくれる、両方を守るために必要不可欠な存在なのです。

 

普段から意識して葉酸の摂取をしなければならない理由。

 

w_1

葉酸はもちろん、普段の生活でも必要ですが、女性にとっては特に、

妊娠初期から授乳期までは特に欠かせない養分になります。

 

でもだからといって、「妊娠した!」と分かってから葉酸を摂取するのでは遅いんです!

 

実は、妊娠検査薬でもわからない「妊娠超初期」と呼ばれる0~4週の間にも、

葉酸は効果を発揮してくれるんです。

 

妊活中から葉酸を摂取することが赤ちゃんのプラスになる?

 

1421876680_grace-gerber-baby-zoom

 

生まれてくる赤ちゃんが

遺伝子や染色体に異常をもつ先天性の疾病をもっている確率は約2~5%。

 

葉酸をきちんと摂取していることで、

このリスクはかなり減らせることが分かっています。

 

葉酸が、細胞をつくるという働きが影響していると考えられます。

 

だから、妊娠が分かってからはもちろん、

今妊娠をのぞんでいる女性にとっては、本当に大切な栄養です。

 

普段から意識して摂取するように心がけたいですね。

 

こうすれば簡単!手軽に葉酸を摂る方法

 

yjimage.

 

でも実際、一日にどのくらい葉酸を摂取すればいいのでしょうか。

 

厚労省の指針では、妊娠を計画している場合、

よりリスクを軽減させるために妊娠の1か月以上前から妊娠3か月までの間、

一日400㎍の摂取が望ましい、とされています。

 

例えば、ほうれんそう200gに、約210㎍の葉酸が含まれています。

 

でも、葉酸は水溶性なので、加熱するとその成分は半分ほどに減ってしまうのです。

 

だから、実際400㎍をとろうと思うと結構大変。

 

そんな時、お勧めなのがサプリメントタイプの葉酸です。

 

これなら手軽に、必要な量を毎日摂取できます。

 

人気の美的ヌーボプレミアムが妊婦さんに効果的なのはなぜ?

 

point_01

 

葉酸サプリはたくさんありますが、

私がおすすめしたいのは「美的ヌーボプレミアム」です。

 

このサプリメントには、葉酸の他に、ビタミン、ミネラルや、DHA、EPAと

普段の生活ではなかなか摂りづらい栄養がギュッと詰まっているんです。

 

さらに、天然素材100%!

 

だから普段の食事と変わらない状態で栄養を摂取できるんです。

 

毎日の食事で葉酸を意識して献立を考えるのは、

働きながらだとなかなか難しいですよね。

 

サプリメントを上手に利用して、

少しでも心配のない妊活を頑張りたいところです。

 

赤ちゃんにも安心の天然素材。葉酸サプリは⇒こちら

 

 

コメントを残す