妊活をはじめたらまず!葉酸がママに必要な理由は?

1421876680_grace-gerber-baby-zoom

 

赤ちゃんほしいなぁ…と思って自然と授かることができれば一番ですよね。

 

でもなかなか機会に恵まれない方もいると思います。

 

そんな時、まずは自分の体から見直してみましょう。

 

妊娠するための体づくり、してますか??

 

妊娠準備! 大切にしたいママの体、4つのポイントは?

 

point_01

 

ママの体の準備ができていないと、赤ちゃんを授かるチャンスが減ってしまいます。

 

初めにママの体を振り返ってみましょう!

 

大敵!妊娠の敵!妊活中は●●に注意

 

bikkuri_01

女性の体は冷えやすいもの。

 

冷え性の方って多いと思います。

 

この「冷え」は本当に女性にとって大敵!!

 

体が冷えると、血行不良になります。

 

そうなれば、内臓に十分な酸素や栄養を行きわたらせることが出来ません。

 

妊活中から注意したい「冷え」。なぜ妊娠を遠ざける?

 

cold01

 

冷えは、もちろん、赤ちゃんを育ててくれる子宮にも影響が出てきます。

 

子宮が冷えると、女性ホルモンのバランスが悪くなり、

卵子の発育不良、老化や排卵障害などに繋がります。

 

そうして知らず知らずのうちに、妊娠しづらい体になってしまうのです。

 

「冷え取り生活」をめざして!取り組み方は?

 

yjimage.

 

そんな問題の「冷え」を取るためには、お風呂に入って体を温めるだけでなく、

腹巻きや靴下を身に着けることがおすすめです。

 

腹巻きで直接下腹部を温めたり、靴下で末端を温めると、

体内を循環する血液も自然と温かくなって血流がよくなります。

 

「腹巻きは苦しそう」という人には、薄手のものを使ってみましょう。

 

冷えの改善には●●素材の下着がおススメ!

 

warm-mug

 

シルク製だと、薄いのに、しっかり体を温めてくれます。

 

また、シルクの場合は汗をかいても、しっかりと吸湿した上で発散してくれるので、

夏でもさらさらした着心地です。薄くて軽いので、着膨れすることもありません。

 

靴下も、「冷え取り靴下」と書かれているものや、重ねばき用の靴下を使ってみましょう。

 

こちらもシルクのものは、夏でも涼しく履くことができますよ。

 

w_2

 

最初は慣れないかもしれませんが、逆に一度慣れてしまえば、

つけていないとスースーして落ち着かなくなってきます。

 

そうなれば、「冷え」も撃退できるはず☆

 

体作りは食事から。妊娠前後の食生活のポイントは?

 

201603-lunch-999

 

妊娠のためには、もちろん栄養も大事。

 

バランスのよい食生活はもちろんですが、

妊娠中は貧血になりやすいので、鉄分は特に大事です。

 

また、妊娠中は鉄分の不足だけで貧血が起こる可能性があるわけではありません。

 

おなかの中の赤ちゃんに栄養をあげるため、

普段より血液の濃度が薄まってしまい、貧血になることもあります。

 

それを防ぐために必要な栄養は、血液生成をしてくれる葉酸です。

 

妊活中、妊娠期にとりたい食品は?鉄分や葉酸の豊富な●●

 

Liver Green Bean Stir Fry

 

鉄分も葉酸も、レバーひじきによく含まれています。

 

昔から貧血防止でよく言われてる食材ですね。

 

そのほかにも、鉄分は貝類にも豊富ですし、

葉酸は緑黄色野菜や豆類にもたくさん含まれています。

 

これらの食材を取り入れて、普段からバランスのよい食事を心がけましょう。

 

楽しいベビ待ち、マタニティライフのポイントは?

 

photo_maternitynurse

そうはいっても、なかなか毎日の食事で栄養を意識するのって大変ですよね。

 

そんな時は、サプリメントに頼ってもいいと思います。

 

サプリメントであれば、粒タイプやカプセルタイプなどで手軽に飲みやすいものが多いですし、

一日に必要な量を簡単に摂ることが出来ます。

 

冷え取りも、食事も、まずは続けることが大事です。

 

自分に合った方法で、体づくりを始めましょう☆

 

妊活、妊娠期に最適なおススメサプリメントは⇒こちら

コメントを残す