恐ろしい葉酸欠乏症!回避するマタニティライフのポイント

 

bikkuri_01

妊娠中に必要な栄養素である葉酸。

 

この葉酸が不足すると、葉酸欠乏症をもたらします。

 

必読!葉酸欠乏症にはこんなリスクが…!

 

iStock_000017710957Medium

 

葉酸は、ビタミンB群の中のひとつです。

 

緑黄色野菜や、豆類、レバーや貝類などによく含まれていて、

赤血球の生成や代謝を助ける「血をつくるビタミン」とも言われています。

 

普段の生活はもちろん、妊活から妊娠中、授乳期まで、女性にとっては大切な存在。

 

そんな葉酸が不足すると、「葉酸欠乏症」という病気になってしまいます。

 

防ぐためにはどうしたらよいか、調べてみました。

 

葉酸欠乏症が原因で起こる病気は?

 

yjimage.

葉酸欠乏症、と聞いても具体的にどんな症状が出るのか、想像もつきませんよね。

 

分かりやすい例でいうと、『貧血』がそれに当たります。

 

葉酸欠乏症から起こる貧血は、

鉄分が足りないから起こる貧血とはちょっと違います。

 

普通の貧血じゃない!妊娠中の葉酸欠乏が導く恐ろしい貧血とは?

 

best-worst-sick-foods-400x400

 

通常、葉酸は赤血球を作ってくれているのですが、

葉酸が不足すると、当然その数は減ります。

 

すると、数が少なくなった赤血球は、

自分たちが不足している分を補おうと大きくなります。

 

でも、大きくなると今度は体内に酸素を十分に運ぶことが出来なくなってしまい、

結果的に私たちの体は、酸素が十分に行きわたらない状態になります。

 

恐ろしい悪性貧血…。その原因の●●不足に気を付けて!

 

cold01

 

体内の酸素が足りなくなると、

めまいや立ちくらみ、動機や息切れといった症状が現れ、

貧血の中でも『悪性貧血』という貧血になってしまいます。

 

つまり、葉酸が不足し、赤血球が減少、体内の酸素が不足し、

悪性貧血へとつながります。

 

今すぐ摂りたい、妊婦に嬉しい葉酸のおどろくべきパワーは?

 

w_1

葉酸の働きは、それ以外にも私たちの体の粘膜を正常に保つ、

といった役割も果たしています。

 

だから、葉酸が足りなくなると、粘膜が弱り、

例えば口内炎や胃潰瘍などに繋がってしまうのです。

 

口内炎やお肌の調子を整えるためにも、

積極的に葉酸を摂取しましょう。

 

妊娠中の注意!その口内炎、立ちくらみは葉酸不足が原因かも?

 

point_01

ちょっと立ちくらみがしたり、口内炎が出来たりということは、日常の中でもあることです。

 

だから、深く考えず、そのまま過ごしてしまう人が多いと思います。

 

でも、妊娠中は特に、葉酸不足には気を付けなければなりません。

 

流産などの危険性も生まれるからです。

 

ママの栄養は赤ちゃんの健康。だからこそ大切にしたい葉酸摂取。

 

photo_maternitynurse

 

また、妊娠中は、お母さんの栄養は、赤ちゃんの栄養でもあります。

 

葉酸は、赤ちゃんが正常に成長できるよう助ける役目も持っています。

 

だから、しっかりと葉酸がとれていれば、ダウン症など、

赤ちゃんの先天的なリスクを減らせると言われています。

 

健康なマタニティライフのための一日の葉酸摂取量は?

 

1421876680_grace-gerber-baby-zoom

妊娠中、一日の葉酸摂取目安量は400㎍と言われています。

 

例えばブロッコリーに含まれる葉酸は、一房で約105㎍。

 

加熱するとその量は減りますから、毎日きちんと摂取しようと思うと結構大変です。

 

そんな時は、サプリメントに頼りましょう。

 

例えば、「美的ヌーボプレミアム」なら、

一日の目安5粒に400㎍の葉酸が含まれています。

 

他にもビタミンやミネラルなど、必要な栄養素がギュッと詰まっています。

 

つわりなど、食事がとりづらいときでも、サプリメントなら大丈夫。

 

これから妊娠を望む女性にも、普段の生活に取り入れやすいサプリメントはおすすめです。

 

天然素材で安心の葉酸サプリメントは⇒こちら

コメントを残す