妊活ママ必読!赤ちゃんを授かるためにしたいこと

 

photo_maternitynurse

 

結婚してそろそろ3年。

 

そろそろ赤ちゃんがほしいな、と思ったらどうしたらよいでしょうか。

 

1、避妊を終えて、妊娠のチャンスを。30代以降の方はお早めに。

 

point_01

今まで、仕事中心で妊娠をさけていた、というご夫婦であれば、

まず避妊を終えましょう。

 

そうすることで、はじめて妊娠のチャンス、

赤ちゃんを授かる可能性が生まれます。

 

女性の場合、一生のうちに妊娠できるチャンスは回数として決まっています。

 

1か月に1回、1年に12回、閉経までにあと何回…?

 

そう考えると、妊娠を希望された段階で、

すぐに準備を始めることをおススメします。

 

気を付けて!年齢でことなる「妊娠しやすさ」。対策はお早めに!

 

1688x1125xsmile-kangoshi.jpg.pagespeed.ic.j8GyTn0k37

また、閉経までの排卵回数だけでなく、

女性は年齢によって妊娠しやすさが異なります。

 

20代に比べ、30代以降は妊娠する力が落ちてくるので、

妊娠を希望した段階で、早めに妊娠準備を始めましょう!

 

2、ママの健康あってこそのおめでた。体調は万全ですか?

 

kangoshi16

何よりママの健康が大切です。

 

ママ本人の体力や健康状態に問題があると、

自分の命を維持することで精いっぱいで、妊娠しにくくなってしまいます。

 

仕事が忙しすぎる、生活が不規則、

あまりにストレスの多い生活をしている…。

 

そういった方は、まず生活を見直しましょう。

 

ご自身が充分栄養をとり、健康な体でいてこそ、妊娠力がアップします。

 

3、妊娠を考えたら、まずは基礎体温を測って!

 

p1-3_2

 

妊娠を望む方、まずは基礎体を付けましょう!

 

成人女性は、生理、排卵といった月経サイクルが体温にあらわれます。

 

基礎体温を測ることで、排卵日(=妊娠に適したタイミング)を

知ることができます。

 

また、基礎体温をとっていないと、不妊を疑って診療科を受診しても

ドクターが正しい診察を行うことができないのです。

 

基礎体温は最低3カ月、できれば半年とってこそ、

データとして参考になります。

 

とりあえず、明日から基礎体温を測りましょう。

 

4、半年間様子見。自分の体と向き合うことでおめでたのチャンスが!

 

point_01

 

基礎体温を付けると、いつが排卵日なのかわかります。

 

必然的に、妊娠可能がタイミングが分かりますので、妊娠しやすくなります。

 

とはいえ、排卵日であれば必ず妊娠するわけではありません。

 

そこが生命の不思議なところ。

 

基礎体温を付け、妊娠タイミングを図りながら、半年間様子を見ましょう。

 

排卵日を把握しているのに妊娠しなった、といって

2か月もたたないうちに産婦人科のドクターに相談したとしても、

「しばらく様子を見ましょう」と言われるのがオチです…。

 

5、まだ妊娠しない…?産婦人科の先生に相談を

 

kangoshi16

 

基礎体温を測り、排卵日に合わせて妊娠を狙っていっても、

妊娠しない…。

 

半年ほどたって、基礎体温のデータがそろってきたら、

産婦人科のドクターに相談をしてみましょう。

 

この時点で、身体に問題があるのでは、と悩む必要はありません。

 

妊娠は工夫次第で、すんなりいくもの。

 

ドクターや看護師さんのアドバイスを受けましょう。

 

1421876680_grace-gerber-baby-zoom

 

赤ちゃんがほしい、と思い始めてから妊娠するまでは、

気の遠くなるような不安おに襲われるもの。

 

しかし焦りやストレスは逆効果です。

 

夫婦二人で楽しみながら、ご自身の体調を整えておくのが

一番のべビ待ちライフです。

 

 

べビ待ちママの味方!妊娠力アップのサプリメントは

【購入前必読】葉酸サプリの副作用の真実大公開!

photo_maternitynurse

 

34歳で結婚し、40歳で2人目の子供をもうけた東尾理子さんの存在は、

妊娠を願う女性に希望を与えます。

 

年齢を重ね、若い時より妊娠力が落ちてしまった女性が

妊娠するためには、少しだけ工夫が必要です。

 

30歳を過ぎたら!高齢妊娠、出産の強い味方は●●

 

134935994

 

20代にくらべ、妊娠力の落ちる30~40代以降の女性が妊娠するためには、

身体を妊娠しやすく整えておくのがポイントです。

 

そのためには、何より妊娠を願う女性自身が心身ともに健康であること。

 

体調を整えることが、赤ちゃんを迎える一番大切な準備です。

 

そのために大切なのが葉酸の摂取。

 

葉酸は、貧血に陥りやすい女性の健康を助けます。

 

自分自身の体調が整うことで、妊娠しやすくなるのです。

 

 

べビ待ちママに必須の葉酸は●●で摂取!

 

How-Wear-Maternity-Clothes-After-Baby

 

妊活中のお母さんに大切な栄養素である葉酸ですが、

必要量を食事だけで補うのは難しいもの。

 

もちろん、日常生活を問題なく送るだけなら、

バランスのよい食事を続けていれば十分です。

 

しかし、妊活中のお母さんたちは、

まだ見ぬもうひとりの命を預かっているのです。

 

万全の準備で赤ちゃんを迎えるには葉酸のサポートが安心?

 

yjimage.

いずれ授かる赤ちゃんを健康に迎えるために、

通常の食事にプラスして、いつも以上に意識して

葉酸を摂取することが望ましいのです。

 

そんなとき、役に立つのがサプリメント

 

サプリメントは、必要な栄養素がギュッと凝縮されているため、

効率的に十分な量の葉酸を摂取できます。

 

 

葉酸サプリメントに赤ちゃんへの副作用が?

 

bikkuri_01

 

サプリメントは、食材そのものではないことから、

副作用を心配する声がたくさん聴かれます。

 

しかし、安心してください!

 

高品質のサプリメントであれば、栄養素を抽出、凝縮させているので、

そのままの食材以上に安全です。

 

サプリメントが安心な理由と、食生活が必ずしも安全でない理由。

 

human-skull-with-crossed-bones-silhouette_318-46669

 

考えてみてください。

 

スーパーで売られている多くの野菜やお肉、魚…。

 

どこで作っているのか。

 

農薬や放射能は心配ないのか。

 

食品の表示に偽装はないのか。

 

食物をそのまま食べると、残存農薬が体内に入るリスクがありますが、

サプリメントは、栄養素を抽出して作られているため、そのリスクがありません。

 

むしろ安全な栄養摂取の方法なのです。

 

1421876680_grace-gerber-baby-zoom

 

大切な赤ちゃんの命をはぐくむ葉酸。

 

副作用の心配はありませんので、まだ飲んでいない人は、

今からでも摂取してくださいね。

 

 

天然素材で赤ちゃんとママの健康に最適な葉酸サプリは

健康